複合機代理店徹底比較

TOP > コラム > オフィスで大いに活用できる複合機

オフィスで大いに活用できる複合機

 複合機というのは、コピー機やFAX、プリンター、スキャナーといった複数の機能を持っており、単独の機能を持った機器をそれぞれ設置する場合と比べて省スペースかつ低コストというメリットがあります。特に、手狭なオフィスで業務を行う際には、余計なスペースをできるだけ省けるため、業務の効率化を図れます。
 また、パソコンで作成した文書をそのままFAXで送信したり、FAXで受信した文書をパソコンへ保存して用紙の節約を図るなど、様々な活用法が存在します。なお、複合機は数多くのメーカーから発売されており、メーカーごとに独自の工夫を取り入れているため、価格だけでなく機能性も重視することで、より使い勝手の良い製品が見つかります。また、サポート体制が充実しているメーカーを選ぶことも重要で、定期的なメンテナンスを受けられる他、突然の故障でも素早い対応が期待できます。


 複合機をリース契約するメリット

 複合機を買い入れるケースでは、高額の初期に関するコストが発生します。一方それに対して、リース契約においては、器機購入に求められる初期に対する費用調達をリース会社が代わって行うため、導入時に求められる初期に関するコストを抑制することができます。
 また、複合機を買い入れる場合、固定資産税、あるいは減価償却費、さらに動産保険などに関係する広い範囲に亘る事務的な作業をしなければなりません。とりわけ動産保険につきましては、最低限でも一年に1回、器機があることを確かめるための棚卸し作業が要ります。
 棚卸し作業に関しては、複合機のみならずたくさんの固定資産対象器機を利用している部門にとりまして、負担が重い必要な作業と考えられます。しかしながら、リースを活用することにより、記帳であったり資金調達、さらに償却事務といった手間が掛かる事務の作業が軽減され、管理部門のスリム化を図ることができます。


 最新式の複合機の現在の状況に関して

 近年、とても高性能な複合機が増加傾向にあります。コピー機、あるいはプリンターそれから、イメージスキャナや、ファクシミリなど事務作業で活用する時に使用する機能が一台でカバーできる仕様になっています。複合プリンタと称される事も多く、最新式は紙に対してプリントアウトせずにパーソナルコンピューターより行う事が出来るようになっています。加えて受信も用紙に刷り上げる事なく、ファクシミリにおいて内蔵されているメモリーを通してひとまず受信して、パーソナルコンピューターに転る事が出来るタイプも発売されています。
 加えて高い価格のタイプになるとハードディスクが組み込まれていて、データーそのものを保存できたり、さまざまなデーター数値を合成する事も可能なタイプが出現しています。プリンターや、スキャナーそれから、ファクシミリなどを複数備え付けることが求められませんので場所も取らずリーズナブルに購入出来ます。

次の記事へ

カテゴリー