複合機代理店徹底比較

TOP > コラム > 複合機のリースはメリットが大きいです

複合機のリースはメリットが大きいです

 複合機は歴史があり、初めて現在使われているような機器が登場したのが1951のドイツです。それから日本にも伝わり現座使われているようないろいろな機能が搭載されたものとなりました。
 そして、メーカーによって機能が若干異なり、使い勝手のいい機器を選んでリースが行われるようになっています。
 以前は、一度購入をして導入をしている企業が多かったのですが、初期費用が大きくなるだけでなく、メンテナンスやトナーカートリッジの交換など手間がかかっていました。
 そして、どんどん性能もよくなり、数年で交換をする時代が到来するとリースが主流となりました。


 もちろん、契約によって料金なども異なりますが、実際に使う枚数によってどこの業者が安いのかを比較して契約を結ぶことが必要です。
 例えば、月当たりであまり利用する頻度が高くないのであれば、月額利用料を低くしてカウンター料金で請求をしてもらうほうがお得になります。
 逆に、大量にコピーをする企業では、初めから月額利用料を高めにしておいたほうが総合的に計算をして安くなります。もちろん、カウンター料金も単価が安くなるというメリットもあります。
 そして、契約期間も最短1年から5年などを選ぶことができるため、その後は新しい複合機に入れ替えて使えるというメリットもあります。


 複合機には、いろいろな機能があり、カラーコピーは当たり前になりFAXやネットワークプリンターとして使ったり、スキャナーだけを使って紙のデータをデジタル化することもできます。
 そして、メーカーによって省エネモードが付いていて電力も抑えられるようになっています。そして、通常だと省エネボタンを押すことで電源を入れられますが、読み取り機を開くだけでも電源を入れられるものもあります。細かい部分ですが、意外にも便利で使い勝手がとてもいいです。
 そして、オプションをつけることによって、面倒なホッチキス止めなどもできる機種もあり、大量に作成をする機会があるのであれば、こちらのオプションをつけることで時間短縮ができます。
 そして、便利な機能もあり免許書などのスキャンで一枚に両面を印字させることができます。そして、閉じる部分の広さを調整する機能もあり、調整が容易にできます。
 もちろん、色の調整やコピーする原稿に応じて自動調整や手動で画面を見ながら操作が行えます。
 そのため、契約を結ぶときにはいろいろな機種の特徴を調べて行うことが必要です。

次の記事へ

カテゴリー