複合機代理店徹底比較

TOP > コラム > 複合機は多機能で業務の効率化ができる

複合機は多機能で業務の効率化ができる

 複合機は、複写機、プリンター、イメージスキャナ、ファクシミリなどの機能が一つにまとめられている機器です。
機能がまとめられていることにより、場所をとらなくなり、配線が少なくなるといったメリットがあり、オフィスのスペースを有効活用できます。また消費電力の削減もできます。ファクシミリの送信をパソコンからできることにより、わさわざ紙にプリントアウトしなくてもよかったり、複合機で文書をスキャンして、パソコンのフォルダーに保存できたりして文書を電子化できますので、ペーパーレスによりコスト削減や業務の効率化を行えます。現在、複合機も多機能のものが増えています。節電のためにスリープモードになっていて操作開始まで時間がかかる場合がありましたが、人感センサーが搭載してあり、人が検知範囲に入ると機器が自動的にスリープモードを解除して、すぐ使えるものもあります。


複合機はとても便利に利用が行えます

 企業においてビジネスを進めて行く際には事業を企画した段階や、或は具体的な行動内容を社内外に情報共有しますが、この際には資料を印刷して配布するケースが多く有ります。資料印刷にはコピー機を用いますが、複合機を保有しますとこれらの印刷以外にもFAX機能を備えており社外との通信を行う事が可能ですし、また社外から入手した紙のデータを電子データに変換する機能を備えていますのでとても便利です。これらの複合機はコピー機と同じ大きさで様々な機能を備えていますので、省スペース化が図れて効率よくスペースの利用を行えます。
複合機を利用する際には、購入対応するケースに加えて、リース契約を結んで一定期間の間にわたり利用料金を支払い対応する方法が有ります。リース検討に際しては人気ランキングサイトを活用する事がお勧めです。


複合機なら設置スペースを効率化できる

 オフィスで利用するOA機器として、コピー機、プリンター、ファクシミリなどがあります。この3つに共通するのは、どれも印刷機能が付いていることです。また、コピー機とプリンターはそれなりに大きいので、スペースを取ることが多くなっています。オフィス用の複合機は、コピー機、プリンター、ファクシミリ―、スキャナーなどの機能がひとまとめになった機械です。メインとしてはコピー機ですが、ネットワークに接続されてプリンターのように使えます。電話線と接続してファクシミリの情報もプリントできます。ファクシミリの場合、これまでは必ず印刷する必要がありました。複合機だと、イメージデータとしてパソコンなどで内容をチェックできます。必要であればプリントし、不要ならプリントせずに済みます。用紙の無駄を減らせるメリットも備えています。

次の記事へ

カテゴリー