複合機代理店徹底比較

TOP > コラム > 複合機をオフィスに導入するメリット

複合機をオフィスに導入するメリット

オフィスに欠かせないOA機器はたくさんありますが、その一つに複合機があります。
複合機は、複写機、プリンター、スキャナー、ファックスなどの機能を複合的に併せ持つOA機器です。
以前は、プリンターがあって、コピー機があって、スキャナーがあって、ファックスがあってと、バラバラに機器が存在しました。
このため、機器を設置する場所もとりますし、維持費もそれぞれにかかっていました。
これが複合機になると、場所はとりませんし、維持費に関しても消耗品に係る費用は別ですが、基本的なメンテナンス費用が1台ですので、安くなります。
また、待機電力の問題もありますので、1台の設置で済むことは大きなメリットです。
オフィスで働く人の中には、機器の操作に弱い人もいますが、最近は操作性が向上しており、直感的に操作できる大型のタッチパネルが搭載されています。



複合機を導入していくメリットとは

複合機は今やオフィスにおいて欠かすことができないIT機器の一つとなりますが、プリンターを使用している会社もあるでしょう。
そして、これらはコピーやFAX、スキャンやプリンターなどの機能に関してはその名のとおり複合しているものであり、複数の機能については一台に集約していますので、さまざまな業務をこなしていくオフィスにおいて役立つことは間違いないでしょう。
そして、機器代やメンテナンス代、設置スペース代のことを考えていけば、コピー機やFAX、スキャナーやプリンターを個々にそろえていく必要がなく、日常業務に対して必要な機能については一台に集約されているこれらの導入を決めている企業は多いらしいです。
ただし、会社全体において、これらの導入が必要と判断している場合でも、部署や業務内容に対してプリンターを併用していけば業務効率の向上やコスト削減につながっていくこともありますから、ロケーションや用途によって選択してもいいかもしれないでしょう。



家庭用のプリンターの複合機は便利です

最近は家庭で使うプリンターも複合機になっているものが多いです。
しかも価格はそんなに高くないから思案しなくても買えます。
プリンターとコピーが使えてその上にスキャナーが付いていますから使い勝手がいいわけです。
以前はすべてバラバラで、プリンターはプリンターだけであり、コピー機はコピー機でしかなく、スキャナーはスキャナーとしてしか使えなかったわけです。
したがって全部そろえるとすごい場所を取りました。
しかし今はすべてが一台で大丈夫ですから、場所をまったく取りません。
しかもネットワークプリンターになっているので電気コード以外はコードが要りません。
家でもよくコピーしなければならない物はありますが、これがあると簡単にコピーができます。
これがないと近所のコンビニへ行ってコピーしないといけないわけですが、買っておくと家でできてしまうわけです。
安い物ならネット通販で数千円で販売されています。

次の記事へ

カテゴリー