複合機代理店徹底比較

TOP > コラム > 複合機をリース契約で導入する利点

複合機をリース契約で導入する利点

複合機をリースのメリットとして、まず一括して買い入れるための設備投資に掛かってくる費用が不必要になり、初期コストが軽減でき、運転資金に回せます。
また、 月ごとのリース料金に関しては、税法的に全部経費処理することができ、所有権そのものがリース会社に存在していることから、減価償却の手続きであったり固定資産税の支払いが生じないという利点があります。
そして、動産保険が認められることから火災、あるいは盗難があった局面で補償を受けることができるます。
買取のケースでは、もう使わなくなった時の処分コストも自己負担ですが、リースでしたら所有者自体はリース会社ですから、期間満了の時に、撤去を行うのはリース会社負担になります。
加えて、月毎のリース料そのものはリーズナブルなので、機種変更の判断も行い易くなります。



複合機をリースで契約する有利性

複合機をリースする有利性としてあげられるのが、初期に掛かってくる費用が0円という事です。
会社組織を起業するケースではいろいろな初期設備のためのコストが必要不可欠です。
可能な限りリーズナブルに抑えられるところにおいては、セーブしたいものと言えます。
そうした場合に、コピー機や、スキャナー、さらにファクシミリといった事務でどうしても必要な機能が一切合切備え付けられているオールインワンのタイプを間に合わせる事が可能であれば相当なコストを浮かせる事が可能です。
また、リース料金につきましては、月ごとの必要経費という形で対応する事ができます。
それに加えて料金に関しては月額料金が定まっているのでランニングコストを認識しやすいといった利点もあります。
その上、リースによって活用する場合、所有権が契約を結んだ会社ですので、減価償却の手続きや固定資産税の支払いに関しても発生しません。



複合機を会社の業務に導入するメリット

複合機を有効に活用することは、コストカットにとどまらず、会社の業務の能率化そして合理化によりまして事務所業務に非常に高い生産パフォーマンスをもたらします。
しかしながら、最近は先端技術化が進行しており、機種を選択する際は、その目的を明白にしておくことが大事になります。
コピー機、或いはFAXそれから、プリンターや、スキャナーなど個々に単体でセッティングするのに比べ複合機はコンパクトに設計されていますので、事務所のスペースを最低限にセーブすることができます。
事務所の賃料が非常に高いエリアなどには、セッティングする面積が非常に小さいことはとても大きい利点となります。
また、ネットワークに対応している複合機と個々のアプリケーションとの協働によりまして、仕事効率を改良できます。
更に、ペーパー文書の電子化及びセキュリティの有効な対策に取り組むことで情報漏洩の阻止にも実用的です。

次の記事へ

カテゴリー